お知らせ 2019.10.23

現場で培った技術を競う
第55回設計積算競技会実施

 当社は現場業務を通じて培った設計・積算に関する技術力を発揮し、今後もなお一層その向上を図るため、10月4日に当社本店において第55回設計積算競技会を開催しました。

 競技部門は例年通り「電気設備設計部門」「電気設備積算部門」「計装部門」「空調管部門」「情報通信部門」の合計5部門(部門毎の課題要旨は別紙ご参照)。参加者は若手技術系社員が対象で平均年齢は30.5歳(最年少/24歳、最年長/39歳)。本店・東京本社・各支店(社)から合計99人が参加しました。

 同競技会の冒頭、競技会長の田中日出男取締役・常務執行役員・技術本部長があいさつに立ち、「競技会を通じて設計・積算の実務の強化につながるように建物用途、課題を考えている。その趣旨を理解の上、日ごろの現場管理と同様に優先順位を考えて段取り良く競技に臨むこと」と参加者を激励しました。当日は、午前9時から午後5時まで競技が行われ、近年の施設のトレンドを踏まえた課題に対し、参加者は終了時間まで真剣な表情で取り組みました。

 この競技の結果は、後日開催される審査会で各部門担当者による厳正な審査が行われ、成績優秀者を11月末の当社幹部会席上で表彰する予定です。

 今後も当社は同競技会などの取り組みを通じて技術・技能の向上を図り、お客さまに優れた設備とサービスを提供してまいります。

【各部門の参加資格と参加人数】

競技部門 参加資格 参加人数
電気設備設計部門 35歳未満 33人
電気設備積算部門 35歳未満 27人
計装部門 40歳未満 11人
空調管部門 40歳未満 17人
情報通信部門 40歳未満 11人
合計 99人
真剣に課題に取り組む参加者(写真は電気設備設計部門)