お知らせ 2019.05.31

SpiderPlus®による電気・機械設備工事における各種検査のIT化
~タブレット端末と各種測定器との連携~

 当社は、Bluetooth Low Energy(以下BLE)※1搭載の各種測定器を用い、株式会社レゴリス(本社:東京都豊島区 社長:伊藤謙自)が開発・運営しているクラウド型の図面管理・情報共有アプリ「SpiderPlus®(スパイダープラス)」と連携して、電気・機械設備工事における一連の検査をIT化するオプション機能を同社と共同で開発しました。同機能を用いることで測定と同時に検査結果報告書の作成も可能となり、検査業務における大幅な効率化を達成することが期待できます。

【開発の背景】

 少子高齢化に伴う労働力不足が一層顕著となっている建設業界において、これからも高品質な工事を実施するためには工事に関わる業務を効率化させる必要があります。例えば、電気・機械設備工事では、施工品質を確認するために、さまざまな測定や検査を実施していますが、これらの作業は一般的に検査項目が多岐にわたり、また測定・検査ポイントも多く、測定結果報告書などの帳票作成についてもデータの転記作業が煩雑で時間を要し、人為的ミスも発生する可能性がありました。そこで当社は、SpiderPlus®の図面管理・情報共有機能に着目し、そのオプションという形で上記測定・検査時の業務の効率化を図るための機能を同社と共同開発することとしました。

【SpiderPlus®による電気・機械設備工事の検査IT化(オプション機能)の特長】

 BLE搭載の各種測定器とSpiderPlus®を搭載したタブレット端末とを無線通信で接続して連携させ、測定結果データを転送するシステムを開発。これにより、タブレット端末の電子図面上に示された各測定ポイントに、あらかじめ紐付けられた測定結果がそれぞれ自動的に落とし込まれるなど優れた機能を有します。本オプション機能で検査できる工事種別は電気設備と機械設備に大別でき、基本的には以下の機能ごとに示した測定値の自動取込と帳票の自動作成となります。


◯電気設備工事

・ 幹線・負荷設備試験機能: ボルトの締付トルク値や絶縁抵抗測定値
・ コンセント試験機能: コンセント試験の測定結果
・ 照度測定機能: 照度測定値
・ 電力量計確認機能: タブレット端末による確認事項の記録、写真撮影、帳票自動作成(銘板と数値の自動読込は、NECネクサソリューションズ株式会社(本社:東京都港区 社長:団博己)が運営する「被写体認識基盤サービス※2」により近日対応予定)

◯機械設備工事

  • 配管勾配測定機能:当社開発の配管勾配測定器(製造・販売:株式会社北浜製作所(本社:大阪市中央区 社長:青井和夫))による排水配管などの勾配値
  • 水圧・冷媒気密試験機能:近日発売予定の「圧力試験器Ⅲ」(レッキス工業株式会社(本社:大阪市中央区 社長:宮川純一))による冷媒気密試験データ、帳票の自動作成(高砂熱学工業株式会社(本社:東京都新宿区 会長兼社長:大内 厚)と共同開発

【今後の展開】

 「SpiderPlus®による電気・機械設備工事支援機能」は、5月22日から24日にかけて東京ビッグサイトで開催される「JECA FAIR 2019~第67回電設工業展~」で展示するとともに、ステージ実演で詳しくご紹介します。

 当社は今後とも、現場管理業務の効率化を図りつつ、高品質で安心してお使いいただける設備をお客さまにお届けすることで、社会のインフラを支え明るく豊かな未来の実現に貢献したいと考えています。


  • (※1) 免許不要の2.4GHz 帯の電波を使用した近距離無線通信規格Bluetooth において、Bluetoth4.0 から採用された拡張機能のひとつで、消費電力を大幅に抑えるため、同規格の従来バージョンと比較し、パケット長を短くすることによる送信時間の短縮、接続先スキャン用のチャンネル数削減による検出時間の短縮、最大送信電力の抑制など、さまざまな技術を採用した仕様である。
  • (※2) (株)NECネクサソリューションズが運営するクラウド型サービスで、スマートフォンやタブレットが捉えた画像や文字情報を認識し、画像に付随するアクション情報を提供する。
タブレット端末と各種測定装置との連携イメージ