お知らせ 2018.05.10

JECA FAIR 2018 ~第66回電設工業展~
「総合力で明るい未来を拓く Kinden Challenge !」

 当社は5月23日(水)から25日(金)の3日間、インテックス大阪(大阪市住之江区)にて開催される「JECA FAIR 2018~第66回電設工業展~」に出展します。今回は「総合力で明るい未来を拓く Kinden Challenge !」をブーステーマに、「最適制御による省エネ・省CO2」「ICT活用による働き方改革」「様々な技術の拡がり」「社会インフラを守る」の4つのゾーンで当社の技術や取り組みを紹介します。

 ブース内の「最適制御による省エネ・省CO2」ゾーンからは、「太陽と青空を創りだす照明システム“コールクス(CoeLux®)”」「有機EL照明の概要と事例紹介」「省エネと快適性を両立させた照明制御」「工場・プラント向け監視システム“FACIAS® 3D/FACIAS® Light”」「最適運転ができる空調熱源解析」「ビル向け監視システム“インフォリーノ®”」「AIを活用した省エネ制御システム(実証中)」を、「ICT活用による働き方改革」ゾーンからは、「トイレ維持管理サービス」「風力発電機の異音検知システム」「配管勾配測定装置」「ポータブルITV付インターホンシステム」を、「様々な技術の拡がり」ゾーンからは、「総合設備施工への取り組み」「EMC測定用電波暗室」「設備診断の取り組み」「グローバルネットワーク」「試送電試験器」を、「社会インフラを守る」ゾーンからは、「きんでんは総合力で社会のインフラを守ります」「東松島市スマート防災エコタウン電力マネジメント事業への取り組み」「再生可能エネルギーの系統連系工事」「自走式難着雪リング取り外し装置」「特定送配電事業への取り組み」を、それぞれパネルや実機、模型、動画を使用してお客さまへアピールします。

 また、メインステージでは、製品コンクールに参加出展する「自走式難着雪リング取り外し装置」の実演をはじめ、元技能五輪選手による「技能実演と人材育成の取り組み~メダリストのソノサキを追跡」および落語家による「第2回きんでん寄席」の演目を通じて、当社の技術や取り組み内容をお客さまにわかりやすく紹介します。

きんでんブース外観イメージ