IR情報 TOP
株価情報
電子公告
業績のトレンド
四半期受注実績
株主総会
事業報告書
IRカレンダー
免責条項
FOCUS(注目の事業)
海外事業において積極的かつ多角的な取り組みを展開
海外でのインフラ事業に積極的に参画するとともに、現地企業との連携による営業網の拡大を進めるなど多方面から海外事業の強化を図っています。

ミャンマー、経済特別区・ティラワ工業団地への進出
日本・ミャンマー間で初の官民連携インフラ事業に積極的参画

ミャンマー・ヤンゴン市の南東約20km。およそ2,400haもの敷地で開発がおこなわれている経済特別区・ティラワ工業団地は、日本とミャンマーの官民が初めて連携して進めるビッグプロジェクトです。このうち、先行開発区域のクラスA第1期(約211ha)が完成し、日系企業をはじめ各国から多くの企業の進出が始まっています。

きんでんは、地中・架空の配電線や外灯設置のため、建柱車と高所作業車各2台、架線車1台を日本から運び込んでプロジェクトに参画。雨季には月間80mmの降雨、暑季には気温が40度にも達する厳しい環境のなか、適切な工程管理のもとで作業を進め、一大プロジェクトのインフラ構築を担っています。

建柱作業を効率的におこなうきんでんの工事用特殊車両
建柱作業を効率的におこなうきんでんの工事用特殊車両

インド企業(アンテレック社)への資本参加
現地企業との連携によるインド事業の更なる拡大と安定化を図る

当社は2016年5月30日にインド企業「Antelec Limited(インド国マハラシュトラ州ムンバイ市、以下「アンテレック社」)の発行済株式約49%を取得し子会社化いたしました。アンテレック社は、創業以来数多くのインド企業及び国外企業を顧客としており、同社の株式を取得することにより、当社とアンテレック社の特性を融合した事業体制を構築するとともに、営業網の拡大を進め、インド国市場へ進出する日系企業に対しても日本国内と同様の品質サービスを低価格で提供し、インド事業の拡大と安定化を図ります。

アンテレック社の代表者と握手する前田幸一社長(左から3人目)
アンテレック社の代表者と握手する前田幸一社長(左から3人目)
FOCUSトップに戻る このページのトップへ
サイトのご利用について | 個人情報の取り扱いについて Copyright(c) Kinden Corporation. All rights reserved. きんでん