営業案内 TOP
事業内容
電気設備
計装設備
情報通信設備
空調・衛生設備
内装設備
土木設備ほか
海外工事
省エネ&リニューアル
新エネルギー
お客さま24時間サポートシステム
事業領域
技術情報
施工事例
商品情報
ESCO事業
当社の同事業への取組みをご紹介します。
土木設備ほか 技術情報
小口径管路拡大工法
非開削で既存の地中管路の管径を拡大
設備概要
昭和50 年頃までに敷設された地中送電線管路(コンクリート巻き管路)の内径はφ100 〜125mm が大半です。しかし、現在はφ125 〜175mm あり、従来の敷設管路に大サイズのケーブルを入線できず、場合によっては開削が必要になったり、ルート変更による新設が必要になることがありました。〈きんでん〉ではこうした問題を解消するために、「小口径管路拡大工法」を開発。既存の管径を非開削に拡大することで管路設備を有効利用できるとともに、大容量化・高電圧化に対応した電力装備を整備していきます。
切削拡大システム図
切削拡大システム図
切削ビット側切削状況
切削ビット側切削状況
お問い合わせ窓口
電力本部 電力工事部
TEL 06-6375-6198
技術情報TOPに戻る このページのトップへ
サイトのご利用について | 個人情報の取り扱いについて Copyright(c) Kinden Corporation. All rights reserved. きんでん